2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012年02月01日(水)

初めての自然周期での移植

前回の話の続きです



初めての自然周期での移植周期でした。

D3日目、夢クリへ通院日でした。




ホルモン値

E2 26  LH 12

P4 0,2  FSH 8,8




E2が、とても低くてびっくり


こんなんで、大切な移植周期大丈夫!?


と、ちょっと不安になりました。


D3日目~D6日目までフェマーラを処方されました。





そして自然周期移植のD10日目の通院日


ホルモン値

E2 77  LH 17,6

P4 0,1  FSH 9,7





内診

内膜 5,4ミリ

右卵胞 8,9ミリ、7,8ミリ

左卵胞 7,5ミリ、6,9ミリ



腹腔鏡手術受けたのに、卵胞の成長が悪い。。。





そして、自然周期移植のD14日目の通院日

ホルモン値

E2 136  LH 135,2

P4 0,6  FSH 15,9





内診


内膜6,5ミリ

右卵胞 ?

左卵胞 16,5ミリ





そしてS先生より、

卵胞16,5ミリとE2が136でもう少しと言うことろだけど、

 LHが135で排卵させようとしてるので、

 すぐにスプレキュアしましょう


と言われ、その場でスプレキュアをしました。




この私が、D14で排卵しそうだなんてビックリ!!!



多嚢胞の私は、排卵日が遅めだし、ぐちゃぐちゃ。

いつもは、大体D17~D20の排卵で、

その周期によっても成長具合が全然違うので、

この排卵日までの通院が多くなり、

その為だけに、栃木県から東京までの通院が本当に億劫でした。



けれど、こんなにトントンと進むのは、

初めての事でした。


これは間違えなく腹腔鏡手術のおかげだと思いました。



そして、運命の移植日が決定しました。

この日から6日後の、

2010年7月9日でした。

花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

14:07  |  7回目妊娠するまでから出産まで  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。