2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年08月02日(火)

紹介状を持って、手術を受ける大学病院へ

前回の話の続きです



夢クリの院長先生に書いて頂いた紹介状を持って、

腹腔鏡手術を受ける大学病院へ行きました。




すると、

まずは、どのくらい多嚢胞であるか、

 手術を受ける必要性があるか、

 こちらでも診察したい。


と言う事で、

内診と血液検査をしました。




そして、

内診した感じとホルモン値から、

 やはり多嚢胞ですねー。

 かなりボコボコしています。

 卵巣のドリリングについては、

 必要なのか悩むところはありますが、

 受けてみても良いと思います。

 ドリリングの効果があるかは、

 やってみないと分かりませんが


と言われ、手術を受ける事になりました。




私っておかしいのかな。

この時、

ヤッター!手術受けられる!

と試験に合格したような気持ちで、

心の中でガッツポーズ決めてました

アホだわね~~~





それと・・・

この大学病院では数値に関して触れられませんでしたが、

AMHが67もありました。

これは典型的な多嚢胞の数値でした。




そして、腹腔鏡手術と言っても、

手術は手術なので、

麻酔や手術に体が耐えられるかの検査も、いくつか受けました。


確か、尿検査、採血、肺活量、心電図、レントゲンだったかな





そして、私の気持ちはと言うと、

手術に対しての恐怖は、

全くありませんでした。

それよりも、また流産を繰り返してしまう方が、

何倍も・・・

いえ、何百倍も怖かったんです。





なので、

もしかしたら、この手術が良い方向へ向くかもしれない

そう思ったら、

手術が待ち遠しくて、

手術日が近づいてくる事に、

ウキウキさえもしてました。




あと、開腹手術ではなく、腹腔鏡手術だし、

少ししか切らないと思って、

かなーり舐めていたのです



そして、ワクワクドキドキしながら、

手術の日を迎える事になりました。
花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
13:48  |  7回目妊娠するまでから出産まで  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。