2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年04月22日(金)

「諦める」と言う選択肢

前回の話の続きです


絶対に、

諦める

という選択肢が出てこなかった理由。




子供が欲しかったのは勿論だけど、

このままあきらめたら、

 せっかく7年も頑張ってきた不妊治療で、

 流産という悲しかった思いだけしか残らない。

 それだけは絶対にいやだ。。。


という思いが強かったんです。



だから、諦めようか・・・

と言う迷いは全く浮かばなかった。





また、私の中で、まだまだ限界ではなかったんです。

まだまだ頑張れる心の余裕は残っていました。

それに、まだ試してない治療法もあるし、

他院へ転院することも考えていました。





勿論、

流産した時は本当に落ち込んで不妊治療が嫌になった。

不妊治療の末に何度も流産だなんて、

 一体何の為に不妊治療やってるの?

 私は、流産する為に治療やってるのか?


ってわけが分からなくなったりもしました。




けれど、

数日経つと、アホなのか、バカなのか、

懲りない性格なのか、

また次の治療の事を考え始めていました




そして次の治療・・・・

凍結してある胚盤胞があったので、

本当なら、それを移植するのが自然な流れでした。

けれど、その時採卵した卵で何度も流産を繰り返してる事から、

その凍結してある胚盤胞を移植する気にはなれませんでした。



どの先生も、

同じ時に採卵した卵でも、

 卵は一個一個違う


と言うけれど、

私は、また同じ事になる気がしてなりませんでした




また、他院で勧められた事があった、

メルビンを服用して採卵をしてみたかったのです。

一般的には糖尿病の人が飲む薬だけど、

多嚢胞の人にも効果があるかもしれないと言われてる薬です。




そして、

再度採卵からやり直したい

と考えました。




次回に続く・・・
花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

12:14  |  7回目妊娠するまでから出産まで  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。