2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年01月30日(金)

不妊治療電話相談 再手術15日目

        【再手術15日目(手術45日目)】




みなさんは、不妊に関しての、

電話相談とか、

相談室で相談した事ってある?






数週間位前の話になるけど、

着床前診断とか卵子提供の情報を知りたかったので、

市の不妊専門の相談室へ電話してみたんだ。jumee☆telephone1c




電話に出た女性は、

声の感じから、

私よりも10歳以上年上っぽい感じの方。




着床前診断の話をしてみたんだけど、

そういうパターンの相談はあまり受けてないみたいで、

詳しくない様子。

市にも、まだ情報が来てないとの事。




そりゃそうだよね~、

特殊な治療だし、

相談員の方が知らないのは、

仕方ないかなぁ~・・・・

って感じでした。




その後は、治療の話をしました。

これまでの治療の事とか、

色々話しました。




あと、

自分の心の中の事

仕事の事

姉妹の事

家族の事

辛かったこと事

痛かった事・・・・


30分くらいしゃべっちゃいました。jumee☆telephone1c




旦那に話したり、

両親に話したら、

すごく心配かけちゃう様な事も、

気にせず話せるのが良かった・!!




顔も見た事ないし、会ったことも無い、

知らない人だからこそ、

話せる事ってあるんだよね・・・・・・




相談員の方は、

話を肯定的に聞いてくれる方だった事もあり、

すごく話しやすかった。




そして、なにより、

話してみて、

すごくスッキリした
・!!




今は、殆どの市や町で、

不妊治療の相談室が設けられてるみたいです。





無料で相談できるし、

誰かに聞いてもらいたい時、

思い悩んだときは、

電話してみるのもすごくイイかもしれないよ絵文字名を入力してください

スポンサーサイト
花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

10:56  |  夢クリ陽性反応後~稽留流産  |  TB(0)  |  CM(27)  |  EDIT  |  Top↑

2008年12月20日(土)

【2】 9週で稽留流産し、9週2日に手術してきました

※今日の内容は、

流産の事です。

とてもブルーになる様な内容も含まれますので、

妊娠中の方や、

移植が近い方や、

不安になりそうな方は読まないでください。







 昨日の話の続きです




それから1週間後の診察日までは、

とにかく安静にしてました。


仰向けでパソコンは出来ないので、

パソコンは極力やりませんでした。




一日中テレビを観たり、

旦那にDVDをかりてきてもらい、

日にちが過ぎるのを待ちました。




相変わらず、つわりは続き、

出血もありました。


でも、出血は、

鮮血ではなく赤黒い血の塊で、

前に出血したものが出てる様な感じでした。





そして緊張の、

一週間後の診察日がやってきました。


12月15日、9W0DBT44日目

緊張で、3時間位しか眠れませんでした。



夢クリに到着して、

まずは採血



そして、直ぐに内診してくれました。

内診台に上がろうとすると、

看護婦さんが、

内診が終わったら、

 5Fのベッドでお待ち下さい


と声をかけてくれました。




そして、院長先生がやってきました。

心臓の音が聞こえてしまうくらい、

凄くドキドキしました。




モニターを見つめていると、

胎児が写りました。

少し大きくなってる様に感じました。




胎児の大きさを測るのを見てると、

    「12.3㎜」

と言う数字がでました。



1日1ミリ位は成長して欲しい時期なので、

前回の「9.1㎜」から、

今日は「16㎜」位になっていて欲しかったのですが、

7日間で、「3.2㎜」しか成長していませんでした。




これは、まずいかも・・・・がーん


と思いました。

12.15 eko





その後、院長先生は、

無言で何度も何度も角度を変えて胎児を診ていました。

やけに長いな・・・

と心配になりました。



更に、

いつもだったら、

直ぐに心拍数を測る画面に変わるのに、

心拍の画面は観る事が出来ませんでした。




そして、

はい、いいですよ

と内診終了の声。



え!?

心拍数測らないの!?

これって、もしかして・・・・
がーん

嫌な予感がしました。




その後、看護婦さんに言う、

院長先生の声が聞こえてきてしまいました。

5Fじゃなくて、

 すぐ話するから


と。





この時に、もう分かってしまいました。




心拍が止まってしまったんだ・・・




と。





放心状態になってしまい、

心臓がバクバクして、

震える手でズボンをはきました。





その後、診察を待つ間、

とにかく

今、泣いちゃ駄目だ!!!!!

 ちゃんと先生と話をしなくちゃ!


自分に言い聞かせました。







そして診察


心拍、動いとらんね

そうですかぁ・・・・


胎児も少ししか成長しとらんよ

そうですね・・・・・

ショックが大きくて、

院長先生の声が遠くに聞こえ、

ぼーっと赤ちゃんのエコーの写真を眺めていました。

これが自分に起きてる事だなんて考えたくなくて、

まるで人事みたいに話していたかもしれません。



あの・・・

 去年も、心拍確認後に稽留流産してるんです。

 これって、私の体に問題があるんでしょうか?

 遺伝子的な問題とか・・・・


う~ん、

 はっきりとは分からんよ。

 遺伝子の問題だとしたら、

 難しい問題で、

 追求するのに、あと1000年位かかるよ~


この遺伝子について、

結構長く話してくれたんだけど、

頭がぼーっとしてしまい、

何だか忘れてしまいました。

  (熱心に話してくれたのに、先生、ごめんなさい。。。)




今回の流産も、

 前と一緒で染色体異常の可能性が高いんですか?


今回は、もしかしたら染色体異常は出ないかもしれん。

 一卵性による流産かもしれんよ。

 一卵性だと、

 一人流産すると、もう一人も流産しやすいんよ。


 今回の双子は、一卵性によるものかもしれんよ


そうですか・・・・



今回、羊膜は2つある一卵性の双子だったね


2つの羊膜・・・・

一卵性の双子だと言う事が分かった時、

少し調べたので、

それがどういう事だか分かりました。

http://www.premama.jp/kokoroe/b_number/58/index.html





その後は、そうは手術の話。

ちょっと事情があり、

詳しい理由はブログには書けませんが、

手術は、地元の病院で受ける事になりました。




院長先生は、

いつもよりも優しかったです。





その後、

ホルモン値を見ると、

E2 1844  P4 15.6


なぜか、ホルモン値は、前回よりも伸びていました。

赤ちゃんは、

心拍停止したばかりだったのかもしれないね。






ぼーっとしながらお会計を済ませ、

夢クリを出ました。




外に出たら我慢出来なくなって、

涙が止まらなくなってしまいました。





とにかく、

なんで?なんで?なんで?

 何で何度も流産するんだろう・・・


そんな気持ちでいっぱいになりました。



 
新幹線の中で旦那に電話をしました。

旦那の前で泣かない様にしよう

って決めていたのに、

抑えきれず泣いてしまいました・・・・





家に帰ってからは、

誰も居ないので、

一人で声をあげてワンワン泣きました。



ホントにバカみたいに泣いたよ・・・

子供みたいに、いっぱい声を上げて泣いた。

泣きすぎて鼻が詰まって苦しくなった。がーん




すると滅多に鳴かないヒナ(猫)が、白猫

ウニャー~!

と高い声で鳴いて、

泣いてる私にスリスリしてくれました。



思わず笑ってしまいました。

ヒナ、私が泣いてるの分かったの?

ただの偶然かな?

とにかくいつもと様子が違うのは気が付いたんだと思う。




その後、

そんなヒナに励まされて、

少し元気になりました!





そして、

早く元の生活に戻さなくちゃ!

 泣いてばかりいられない!


と自分に言い聞かせました。




ちゃんと泣き止んでから、

休みをもらってる2つの職場に電話をして、

来週から復帰します!

と電話をしました。





その後、手術をする病院に電話をして、

午後、直ぐに車で病院へ向かいました。zoomzoom001だっしゅ

凄い久々の運転でチョッと怖かったな。





その病院の先生や看護婦さんが、

と~ても優しくて、

治療してやっとだったのに、

 残念だったね・・・


なんて優しい言葉をかけてくれるもんだから、

また泣きそうになったよ。




そして、この病院でも、

内診して赤ちゃんの心拍が停止してしまってるか、

確認してくれました。




色々な角度から見たり、

ズームアップしたり、

よーく見てくれました。



ズームアップされた赤ちゃんは、

夢クリで見た赤ちゃんよりも、

ずっとはっきり見えて、

しっかり二頭身で、

頭も体も形がしっかり見えました。



また、

赤ちゃんのお腹から、へその緒の様なものが出て、

私の体に繋がっている様な姿まで見えました。


もう、こんなに形になっていたんだ・・・



これを見た時は、

胸が締め付けられました。



そして、やっぱり心拍は停止していました。





心拍停止した子を、

お腹にしばらく入れておくのは体に良くないと言う事で、

手術は2日後12月17日に決まりました。


採血や、心電図を測り、

あさっての手術に備えての検査を済ませました。

1時間位で終わりました。






妊娠中は絶対安静で家事も禁止されていたので、

全く家事をやっていなかったんだけど、

もう安静にしてる意味は無くなってしまったし、

今日から家事も復活する事にしました。



旦那にも、しばらく夕食を作ってあげてない・・・

今日は、おいしいものを食べさせようびっくり

って思い、

病院の帰りにスーパーに寄りました。




心拍停止しても、

今回は前回と違って、

つわりがまだ酷くて、

スーパーの中のニオイは地獄で、

鼻から息をしないよう、

口だけで息をして買い物をしました。



そして、カツ丼の材料を買って、

家に帰りました。zoomzoom001だっしゅ




流産してる事が分かった、この日の私は、

とにかく家でじっとしてたくなかったんだ。

気を紛らわせる為に、

家に帰ってからは掃除をしたり、

夕食の準備をしたり、

無心になって、

無理やり忙しくしてました。



おかげで、この日は、

旦那の目の前で泣くのを我慢する事が出来ました。






そして12月17日の9W2D

そうは手術をしてきました。


この手術は2回目だけど、

何度しても慣れるものではありません。

心も体も、

本当に辛くて苦しくて痛い手術。泣




手術直後、

隣の分娩室から、

産まれたばかりの赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。


私は、とても悲しい日になってしまったけど、

お隣さんは、

人生最良のおめでたい日になるんだろうな・・・

どうしてこんなに差があるんだろう?

何でこうなっちゃうんだろう?



なんて考えながら、

痛みと吐き気と闘いながら、

ボーっと赤ちゃんの鳴き声を聞いてました。





旦那は急に仕事は休めないし、

タクシーで一人で家に帰りました。GTI

家に帰ってから寝転がりながらヒナと遊んだり、

横になってテレビを観て、

とにかく流産については何も考えないようにしました。






ところが、

テレビで悲しい事件でポロリと涙が出たのがきっかけで、

またまた涙が止まらなくなって、

一人で大泣きしてしまいました。TT



頭では分かってる!!!

いつまでも泣いてたって仕方ない。

泣いたからって赤ちゃんは戻ってこない。

早く妊娠前の生活に戻さなくちゃならない!





頭では分かっていても、

心がついていかないんです。へこみ

ふっと気を緩めると、

悲しくて、苦しくて、苦しくて、

どうしようもない。





何で?

何で私は何度も流産してしまうの?

体外受精や顕微授精をしなくちゃ授かれない。

更に、やっと妊娠しても流産してしまう。

しかも、3度も心拍確認後の流産って、

凄い低い確率だよ。

一卵性の双子だって、凄く低い確率。


どうして、ことごとく、

その低い確率に当たってしまうんだろう。


もしかしたら、これは偶然なんかじゃないのかも。

遺伝子か私の染色体に問題があるのかも。

だとしたら、治療法は無い・・・

あと何回流産すればいいの?



私は赤ちゃんを殺す為に妊娠してるの?

そこまでして赤ちゃんを望むって、

私って凄く酷い人間!?





もう、泣き出すと、

止まらなくなり、

歯止めがきかなくなってしまいました・・・がっくり





手術後の出血の方は、

今回は生理2日目位の量です。

前回の手術のときよりも、

出血が多い感じがしました。







そして手術の次の日。

手術をした病院で、

子宮の中がキレイになってるかの内診。



子宮の中、

 とってもキレイですよ~。

 何も残ってないですね。


そうは手術をしたんだから、

これが良い結果なのに、

なんとも複雑な気持ちになりました。




昨日の朝までは、

お腹の中に赤ちゃんがいたのに、

もう何もなくなってしまったんだ。

思い知らされました。泣





でも、おっぱいが凄く張って痛いです。

大きくなった胸を見ると、

なんとも切ないです・・・



そして、また母乳みたいなものが沢山出ています。

前の様に、

胸を押すと出るのではなくて、

ブラジャーや服が勝手に濡れてしまう位、

出てきてます。



前に、どこかで聞いた事があります。

流産後にソウハ手術をすると、

人によっては出産した状態に近づき、

母乳が出てしまうとか・・・




でも、前回の8週目の稽留流産の時は、

ここまではならなかったんだよね。

母乳みたいのは出たけど、

触らなくても出てきてしまうって、

今回は、どうしたんだろう・・・・

胸が苦しくなるよ・・・・






気持ち悪さは、

手術をした日まではありましたが、

次の日からは随分楽になりました。






この時期の流産は、

私にとって、特に切ないです。



6年前の12月に結婚した事もあり、

結婚式のキャンドルサービスの時のバックミュージックは、

マライアキャリーの

恋人たちのクリスマス」でした。

この時期になると、

テレビや町の中で、よく流れてる曲。




今の私は、これを聴くと、

結婚式を思い出して、

胸が締め付けられるよ。




あの頃は幸せいっぱいで、

結婚したら、

当たり前に家族が増えるって思ってた。




結婚式での司会者からの質問でも、

子供は、2人欲しいです~ほわほわはーと

なんて、超呑気だった・・・

今にして思うと、

バッカみたい・・・・




まさかこんな経験をするなんて、

想像もしてなかった・・・





私は、不妊治療で苦しむ為に結婚したんじゃない。

何度も流産する為に結婚したんじゃない。

苦しむ為に結婚したんじゃない。


好きな人と結婚して、

当たり前に幸せの家庭を作る為に結婚したのに、

どうしてこんな目に遭わなくちゃならないんだろう!?







だけど、泣いても悔やんでも悲しんでも、

もう赤ちゃんは戻ってこないし、

早く元気にならなくちゃね。

それに、答えが出ないことを悩んでも仕方がないし。





今回の流産から手術までの事を、

もっと何日間かに分けて書こうと思ってたけど、

書き始めたら止まらなくなって、

こらえていた気持ちを、

吐き出すように書いてしまいました。




ここに自分の今の正直な苦しい気持ちを書いて、

なんとなく誰にも言えない話を、

聞いてもらえたような気持ちになったのかもしれない。

少し楽になった気がする。






これからは、

仕事にも復帰して、

楽しい事を見つけて、

おいしいものを食べて、

早く元気になろう!!!!!


花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

11:01  |  夢クリ陽性反応後~稽留流産  |  TB(0)  |  CM(77)  |  EDIT  |  Top↑

2008年12月19日(金)

【1】 9週で稽留流産し、9週2日に手術してきました 

ものすご~く久々の更新になってしまいました汗

ご心配おかけして、すみません・・・・


ブログを更新してない半月の間に、

色々な事がありました。





結論から話すと、

12月15日の9週目に、

もう一人の双子ちゃんの心拍が停止してる事が分かりました。

前回と同じ、

心拍確認後の稽留流産でした。






順調に行けば、

あと1回の通院で卒業だったのに、

卒業を目の前にして、

赤ちゃんの心拍は停止してしまいました。





そして、おとといの17日に、

そうは手術を済ませてきました。




流産が分かったのも、

手術をしたもの、

今週の出来事で、

まだ気持ちがとても不安定な状態です・・・・





ブログに変な事書いていたら、

すみません・・・・・






今回は、一卵性の双子だった為、

一度に2人の子を失ってしまいました。

2人とも、ちゃんと心拍が確認できたのに、

その心拍は止まってしまいました。




これで心拍確認できた3人の子を失ってしまいました。

そして、2度の化学的流産と、

3度の心拍確認後の稽留流産で、

5回目の流産です。

  (化学的流産は流産に含めないかもしれませんが・・・)



今度こそ・・・

今度こそ、正常な心拍が確認できたし大丈夫だ!
炎

って信じていたのに、

こんな結果になってしまい、

今は、無気力状態です。




悲しいを通り越して、

とにかく何も考えたくない・・・

頭の中を一生懸命、「無」の状態にしてます。





最後に見た赤ちゃんの姿は、

しっかりと二頭身になっていて、

卵時代から知ってる私としては、

随分と人らしい姿になってきた様に思えました。



その姿を思い出すだけで、

涙が止まらなくなってしまうので、

今は、もう、とにかく何も考えたくない。





だけど、やっぱり、

私の所に来てくれた赤ちゃんの事を忘れない為に、

ちゃんと存在してくれていた事を記録しておく為に、

経過を心配してくれてる皆さんに参考にしてもらう為に、

ブログに書きます。





そうそう、みなさん、

先日大出血してしまった時

沢山の応援コメントありがとう!

全部、読ませて頂きました。




みなさんの言葉、

本当に本当に嬉しかった。

不安で押し潰されそうな時、

みなさんのコメントに、本当に励まされました。JinJin



ちゃんと一人一人皆さんにお返事したかったんだけど、

この大出血した日を境に、

ずっと出血が続いてる状態でもあり、

まだ生きてくれてる赤ちゃんの為に、

とにかく安静にしなくては・・・


と言う事で、パソコンは控えてました。




私が赤ちゃんの為に出来る事は、

それ位しか無かったから・・・・





しばらくブログを更新してなかった日の事を書いて行きたいと思います。

長くなるので、

1日では書ききれないので、

何日間かに分けて書いて行こうと思います。




何日間に分けて書くので話が途中になってしまうので、

その間は、コメント欄は閉じさせて頂きます。


決してコメントを拒否してるわけじゃないので、

誤解しないで下さいね~!

流産から手術の事まで、全て書き終えたら、

いつもの様に、またコメント欄を開こうと思います。





順を追って書いていかないと、

話がめちゃくちゃになっちゃうので、

まずは、7W2Dの通院日後の事から書こうと思います。




双子の一人が心拍停止してる事が分かった次の日、

つわりが軽くなったと思ったんだけど、

また酷くなってきました。

特に、夜が酷くて、

何度も吐きました。





胃液で喉が荒れてしまったのか、

喉も痛くなり血も出てきて、

つわりは、のたうちまわる位、

本当に本当に辛かったけど、

赤ちゃんの心拍があるからだ!

 今までの治療の苦労を思い出そう!


そう思えば、つわりなんて乗り越えられました。




今以上つわりが酷くなったってイイ・・・・

だから、赤ちゃんは無事に成長してくれますように・・・



とにかく祈りました。





だけど、一人が心拍停止してからは、

食事が少し摂れるようになってきてました。

減り続けてく体重も、

ストップしてくれました。




後から知ったけど、

つわりが酷い体質の人は、

双子だと、ますますつわりが酷くなるらしいですね。

だから一時期は、あんなに辛かったんだ・・・・

と納得でした。






そして5日後の12月8日は診察日でした。

8W0DBT37日目でした。



7W2Dの通院日後、

大出血して病院に電話してた事もあったからか、

採血をする前に、直ぐ内診をしてくれました。




とにかく、つわりが酷かったので、

絶対に赤ちゃんの心拍は止まってない!

そう自分に言い聞かせてました。




そしてモニターを眺めていると、

院長先生が心拍数を測りだしました。

物凄く心臓がバクバクでした。



その数値は、




    「132」



12.8 2






前回、「122」だったので、

心拍は伸びててくれてるけど、

イマイチ元気の無い伸びでした。

院長先生は、慎重に5回位心拍を測ってました。

その間、先生は無言でした。



これは微妙な結果だ・・・・。

 駄目かもしれない・・・・
がーん


不安になりました。





だけど、

双子の2人目は、

後から心拍が確認できたし、

成長が遅れてるだけかもしれない!

少しの伸びだけど、

心拍はちゃんと伸びてくれてるし、

これから、どんどん成長してくれるかも!



と・・・・

必死で信じようとする自分もいました。





そして、胎児の大きさも測ってくれました。

9.1㎜でした。


12.8




小さめだと言うのは直ぐに分かりました。

だけど、

小さいながらも、一生懸命心拍を打ち、

エコーに写った形しか見えないけど、

なんとも可愛くて、愛おしく感じました。






その後、採血


そして5Fのベッドでしばらく休みました。

夢クリのノートを読みたかったけど、

つわりが酷くて、

文字を読むのも辛い状態でした。





その後、診察

院長先生からの話です。

心拍が、あまり伸びとらんね・・・

 このまま成長が止まってしまう可能性もあるな


そうですか・・・・

やっぱり良くない状態でした。




でも、心拍は少ししか伸びてないけど、

 しっかり心拍は132あるんよ。


ここから急成長する事はありますか?

無い事も無いよ



無い事も無い・・・・

それが少ない確立を言ってるのは分かりました。がーん

でも、可能性はあるんだ!

と少し救われました。




一卵性の双子だから、

 後から成長してきた子の成長が遅れてるだけかもしれんよ。

 こんな感じでも、

 ちゃんと成長して、無事に出産まで行けてる人もいるよ


そうなんですか!?

うん、とにかく今は、

 なんとも言えない状態やね




薬と注射は、もう無し!



え!?

見捨てられた?
がーん


って一瞬思い、ホルモン値を見ると、



E2 1605  P4 11.7




凄い伸びでした。

P4も10を超えてるので、

デュファストンもプロゲの注射も必要ない位、

ホルモン値の伸びは順調でした。

全ての薬から開放された日でした。




今から思うと、

このホルモン値の伸びは双子だったからかもね・・・・






このホルモン値を見た時は、

今、急成長を始めたところなのかもしれない!

期待が膨らみました。





 
そして、

じゃ、次は1週間後の15日に来て

はい、ありがとうございました





めちゃくちゃ心配してる旦那にも

生きててくれたよ!

と、早速メールしました。

あんな大出血したのに、

 生きててくれたなんて、愛おしいな・・・


と返信が来ました。絵文字名を入力してください

全く私と同じ気持ちだった事に涙がでました。




ホントにそう・・・・

物凄い出血だったんです。

なのに、小さいながらも頑張ってくれた、

小さな命に心から感謝しました。JinJin





家に帰ってから、

旦那にエコーの写真を見せ、

まだ9㎜だけど、

 かわいいね~!
ほわほわはーと

と言うと、

ホント、かわいいな~ほわほわはーと

と旦那も、とても嬉しそうに眺めていました。






あ・・・・

駄目だ・・・・

もう、これを思い出すと涙が止まらなくなってしまう。がーん




ごめんなさい。

続きは、明日また書きますね。







話が途中になってしまうので、

流産から手術の事を全て書き終わるまで、

コメント欄は閉じさせて頂きますね。

全て書き終わったら、またいつもの様に、

コメント欄再開します


花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

11:35  |  夢クリ陽性反応後~稽留流産  |  EDIT  |  Top↑

2008年12月04日(木)

まさかの流産と流産の可能性 7W3D

       【7W3D BT33日目】





昨日は、BT32日目で7W2D

通院日でした。

心拍が順調に伸び、

胎芽(赤ちゃん)が成長してるかを確認する日






前回の正常な心拍数から、

無事に心拍が伸び、

赤ちゃんが成長してるとばかり思っていました。






ところが。。。。。

全く思わぬ事態になってしまいました。







ここから、

すごくマイナスで流産に関する事を書いていきますので、

抵抗のある方はスルーしてください。








午前中に夢クリに到着。

まずは、尿検査



その後、採血



そして、内診

院長先生です。

機械が入り、

モニターをじっと見つめていると、

胎嚢が映りました。




けれど・・・・

胎嚢の中にいる赤ちゃんは、

成長して無いように見えました。





内診も、いつもに比べて、

とても長かった。

院長は無言でした。

これが良くない状態だって事が、

すぐに分かりました。



そして、心拍数を出す画面が映し出されました。

ドキドキしながら見つめていると・・・



     「122」



と言う数字が出てきました。



前回の、「132」から数値が下がっていました。



この時期は、赤ちゃんの成長が著しい時期なので、

心拍数が伸びてなくてはなりません。



ダメかもしれない・・・・



予感しました。







その後、診察

そして、全く予想してなかった、

信じられない言葉を院長から聞きました。







一卵性の双子だね・・・

え!?双子?!


そう。

 だけど、この前、心拍確認した子は、

 心拍が停止してるよ。


 今日、心拍が確認できたのは、

 後から成長してきた子やね。


そうですか・・・・



後からの子は、

 この前は、まだ心拍は無かったけど、

 その後、出てきたんやね。


 でも、今の時期で、

 心拍122は遅いな・・・・

 あっても、128なんよ


そうですよね・・・

 BT32日目で120台じゃ遅いですよね・・・




それと、

 一卵性の双子の場合、

 一つが心拍停止してしまうと、

 残りの一つも、同じ運命になる事が多いんよ


2人とも流産してしまうって事ですか?

そうなるね・・・

 でも、無事に成長する事もあるし、

 今は、なんとも言えないね。


そうですか・・・・





頭の中は、パニックでした・・・・・



いきなり一卵性の双子だと言うことが分かったと同時に、

この前心拍確認できた子は心拍停止し流産してる。


更に、後から心拍が確認できた子も、

流産してしまう可能性が高い・・・


悲しいという感情よりも、

何が何だか分からなくなってきて、

放心状態で先生の話を聞いていました。





ホルモン値は上がっとるから、

 デュファストン今まで通り飲んで




今日のホルモン値

E2 957  P4 5.7



じゃ、次は、12月8日に来て。

 看護婦さ~ん、注射125!




12.3エコー1




心拍停止してしまった赤ちゃん
12.3エコー2




心拍が確認できた赤ちゃん
12.3エコー3





その後、処置室で看護婦さんと薬の確認。


デュファストン 1日3回2錠づつ  7時、15時、23時

 


そして、お尻にプロゲデポー125単位注射




お会計は¥9960






妊娠がわかってから、

いつもメールで旦那に報告をしてました。


今日も、朝出る時に、

診察終わったら、結果をメールして

と言われていました。




でも、内容が内容で、

メールで伝えきれる事じゃないので、

夢クリのトイレで電話をしました。




院長先生から言われた事を、

全て話しました。

途中、つらくなってきてしまい、

また流産するかもしれない。

 ごめん、ごめん。。。。


と涙が止まらなくなってしまいました。



旦那は、

みわは何も悪くない。

 今迄、真面目に頑張ってきてた。


と言ってくれました。

その言葉を聞いて、

ますます涙が止まらなくなってしまいました。





とにかく旦那には申し訳ない。

私の体が原因で、

こんなに辛い思いを、

何度も道連れにしてしまい、

謝っても、謝っても、あやまりきれない気持ちです。



「離婚」しようか・・・・

そんな事まで頭をよぎりました。





その後、病院を出て、

ふらふら歩きだしたんだけど、

涙が止まりませんでした。

もう、人目なんでどうでもよかった。




そして、電車に乗り、

気持ちが少しづつ落ち着いてきました。

相変わらずつわりはあったので、

新幹線で帰りました。



ところが・・・・



ちゃんと座席に座っていたんだけど、

下半身から血の出る感覚がありました。がーん

あ・・・・

 出血し出してる


一応、生理用のナプキンをつけていたので、

新幹線の中ではトイレへ行きませんでした。



そして新幹線を降りて歩きだすと、

お尻まで濡れてる感覚がありました。

え!?何!?がーん

と思って、ズボンの上からお尻を触ると、

手に血が付きました。



慌てて、ペタペタと触ると、

お尻は血だらけになっていました。


そう、ものすごい出血です。

生理の2日目なんて量じゃありません。

今までに経験した事のない、

大量出血でした。





更に、歩くたびに、

ドボドボという嫌な感覚が走り、

物凄い量の出血が続いてるのが分かりました。




バッグでお尻を隠しながら、

慌てて、駅のトイレへ行き、

鏡を見ると、おもらしをしたように血だらけになっていました。



もうパニック状態で、

とりあえず、この血をなんとかしなくちゃ!

と思い、パンツをおろし、

トイレにしゃがむと、

ボトン、ボトン・・・・

と、5センチ位の塊が2つトイレの中に落ちました。



嘘・・・・・

 赤ちゃん?!・・・・



パニック状態だった私は、

なんとか救いださなくちゃと思い、

バッグからビニール袋を取り出して、

便器に落ちた塊を拾おうとしました。

でも、逃げてしまって捕まえることができません。



そうこうしてる間も、

どんどん出血していたので、

便器に落ちてしまった塊は諦めました。


この時の私は、

きっとパニック状態だったんだと思います。

後から思い返したら、

その塊を拾ってもどうにもならないんだよね。

戻すわけにも行かないし。




そして、とにかく家に帰らなくちゃならないけど、

タクシーだと座席を汚してしまう・・・・

どうしよう。。。。

駅員さんに言おうか・・・・

救急車を呼ぼうか・・・・

と悩んで、

まずは、仕事中の旦那に電話をしました。




旦那は、上司に事情を話し、

速効駅に迎えに来てくれました。

旦那の顔を見たら、

また涙が止まらなくなってしまい、

ごめん、ごめん・・・・

と謝り続けました。



車の中では、

赤ちゃんトイレに落ちちゃった・・・

ワンワン泣いてしまいました。





その後、出血が酷いので、

夢クリに電話をしました。

院長先生が電話に出てくれました。

○○みわさんね。

 今、もう家?


はい、家に帰る途中です

今、どんな状態?

とにかく酷い出血で、

 ナプキンをしてたんですが、

 全く意味がなくて、

 ズボンも血だらけの状態なんです。


 今も、大量の出血が続いてます




そっかぁ・・・・

 じゃぁ、近くの病院へ行った方がいいね。

 住まいは宇都宮かぁ~。

 じゃぁ、○○病院へ行って!


私が出産しようと思っていた病院でした。

はい、家からも近いので、すぐ行ってきます




そして、○○病院へ行きました。

受付で事情を話すと、

すぐに車椅子を用意してくれました。



そして内診してもらい、

中に溜まってる血を出してもらいました。

看護婦さんの話だと、

かなり血が出てきたそうです。







そして、一番心配だった赤ちゃんは・・・・・




無事でした。

ちゃんと心拍が確認できました。


エコー さいせいかい




流産の可能性が高いって言われてるけど、

この時は、とにかくほっとしました・・・・





その後、先生に色々質問しました。

Q.胎嚢は流れてなかったんですか?

A.流れていませんでした


Q.あの大量の出血は何だったんですか?

A.絨毛???(←忘れました)で、

 溜まっていた血が出血しました

 これで流産してしまう事も結構あるんですが、

 今回、大丈夫だったようです




Q.一卵性の双子で、片方が流産してしまうと、

 やっぱり、もう片方も流産してしまう可能性は高いですか?


A.それはあります





だけど、あの大量の出血の中、

赤ちゃんは、

頑張ってお腹にくっついててくれたんだ・・・・

赤ちゃんに感謝でした。




でも、やっぱり妊娠継続は、

難しそうでした。






家に帰ってから、

少し、ネットで検索してみたら、

  (↑勿論寝転がりながら)

なぜ一卵性で片方が流産すると、

もう片方もダメになってしまう事が多いのかがわかりました。




一卵性は、もともとは同じ受精卵だからです。

片方に、染色体異常があって流産すれば、

必ず、もう片方にも染色体異常があると言う事
になります。



つまり、最初に流産した子が、

染色体異常が原因じゃなくて、

母体が原因での流産であれば、

もう片方は妊娠継続ができると言う事になるんです。





二卵性の双子ちゃんだと話しは別です。

もともと違う受精卵なので、

片方が流産してしまっても、

もう片方も流産と言うことは少ないそうです。

一般的にバニシングツインと言われてるものですね。





これで心拍を確認できた2人の子を失ってしまいました・・・・

更に、もう1人失うかもしれない・・・・

まさか、こんな日が来るなんて、

想像もしてなかった。





妊娠して心拍確認後の流産て、

確率的に少ないんじゃないの?

一卵性の双子の確立って、

確率的に少ないんじゃないの?

どうして、ことごとく、

その少ない確立に当たってしまうんだろう。


染色体異常だって、

そう沢山あるもんじゃない。

なのに、何度もそうなるって、

何か遺伝子的な問題があるのか・・・・




考えても考えても答えは出ません。





そして今日の朝起きると、

びっくりする位つわりが楽になっていました。

気持ち的なものなんかじゃありません。

明らかに違います。




もう、なるようにしかならない。

今は、そう思っています。


花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

13:39  |  夢クリ陽性反応後~稽留流産  |  TB(0)  |  CM(88)  |  EDIT  |  Top↑

2008年11月30日(日)

11/28は心拍確認の日でした 【エコー写真あり】 6W6D BT29 

        【6W6D BT29日目】




久々のブログ更新になってしまいました汗

えっと・・・

一週間ぶりだね。

心配してくれてたみなさん、

ごめんなさい。顔文字1(背景黒用)






ブログを更新してない間、

ものすごくつわりが酷くて、

殆ど食事を摂れず、

水分を摂るのもつらい状態でした。



食べた物は吐いてしまうし、

胃液は吐くし、

挙句の果てには、血まで出てきました

  (多分、胃液で何処か切ったんだと思います)





とにかく早く時間が過ぎて欲しくて、

昼間は、ずっとテレビをつけて、

布団の上でうずくまり、

いつの間にか寝てる・・・

の繰り返しでした。




どうやら、うちの家系は、

つわりがとても酷いらしいです。

姉も妹も、妊娠初期のつわりのピークの時期は、

酷いつわりで、

体重が10キロ位減ってるんです。



姉は、二人目の時、

全く水分も食事も摂れなくなってしまい、

一か月位入院してました。

その間、毎日点滴はしてたんだけど、

体重が30キロ台まで減ってしまい、

先生に、

母体が優先なので、

 このまま何も食べられず、

 体重が減り続けるようならば、

 中絶するしかない


と宣告されてしまったくらいなのです。






先日看護婦さんに、

つわりって血筋もあるのか聞いてみたら、

やっぱりあるらしいです。

一概には言えないだろうけど、

やっぱ多少はあるんだね・・・・





そして、みなさん、先日は、つわりに関して、

色々心配してくださり、

軽くする方法なども教えてくださって、

ありがとうございました!

とっても勇気づけられたし、

ありがたかったです!
泣き1





ブログのコメントの返信は、

後ほど、調子の良い時に、

少しずつ書きますね・!!








報告が遅れちゃったけど、

おとといの11/28はBT27日目で、

心拍確認の日でした。





去年妊娠した時は、

このBT27日目で、

心拍数120以上欲しいところ108しかなく、

遅い

と言われ、

その後、心拍が伸びず、

結局心拍停止し、

稽留流産と言う結果でした。





この経験から、

BT27日目を迎えるのが、

本当に怖くてたまりませんでした。




確率的に言ったら、

同じことが起きる事なんて少ない!




そう言い聞かせながらも、

やっぱり怖くて、怖くてたまらなかった・・・・





そして夢クリに到着。

6週を過ぎると尿検査があります。



その後、採血





その後、約1時間半後に内診

内診台で院長先生を待ちながら、

前回経験した、

心拍数の低い数値が出る事ばかり連想してしまいました・・・

良い数値が出るイメージをするよう心がけてもみたけど、

どうしても過去の経験が邪魔をして、

低い数値が画面にうつる事ばかり想像してしまいました。




そして院長先生がやってきて、

まずは胎嚢を確認しました。

胎芽(赤ちゃん)卵黄嚢が、

はっきりと映りました。



うわ~!!!!!!うわぁ・・・




と感動して、瞬きもせずに見つめました。

そして、心拍が動いてるか、

よ~く見てたけど、

動いてるのが分かりませんでした。





その後、画面が変わり、

心拍数を出す画面に変わりました。

もう、心臓はバクバク。



どうか、どうか、

「120」以上ありますように・・・





手を合わせて祈っていました

そして、ある位置にカーソルを持って行き、

パっと数字が出てきました。



その数値は、






    「132bpm」









う、嘘・・・・・・・

順調な数値だ・・・・・・








見た瞬間、

涙がダーーーーーーっと溢れてしまいました。泣き1

思わず、

「うっ・・・・」

っと声を漏らしてしまったので、

咳をしてごまかしました汗


しんあく



BT27日目の数値として、

順調な数値でした。

凄くほっとしました。



この段階では、

まだまだ出産まで行けるとは限らないけど、

この心拍確認も、

大きな壁。

それを乗り越えられた事は、

凄く凄くうれしかった。




そして、

心拍が動いてるのが確認でき、



と言う実感が強くなりました。


今度こそ、

絶対に、絶対に、この子を守るんだ!
炎2

強く心に誓いました。







その後、診察

心拍132あるね

はい

ホルモン値も伸びてるから、

 ジュリナおしまい。

 デュファストンは続けて飲んで


はい



今日のホルモン値

E2 762  P4 4.0





じゃ、次は5日後で、

 12月3日に来て。


 看護婦さ~ん、注射125!



ありがとうございました!


順調な様で、

院長先生の診察は、ほんの数秒でした。




その後、看護婦さんと薬の確認

デュファストン 1日3回2錠づつ  7時、15時、23時





そして、お尻にプロゲデポー125単位注射






それと、

後から検査結果の用紙を見て気がついたんですが、

私、尿検査に引っ掛かってました。



引っかかっていたのは、

蛋白定性潜血


蛋白定性が±で、

潜血が+でした。



院長先生には何も言われなかったんだよね。

でも、一応心配で、、

看護婦さんに聞いてみました。



すると、

ちょっとした事にも反応する簡単な検査なので、

心配ないですよ~と言われました。

う~ん、でも心配。

次回、先生にも聞いてみよう。







その後、つわりが酷くて食事を摂れないので、

院長先生の許可をもらい、

5Fで点滴をしてもらいました。




この点滴、3時間もかかるんだね。

結構長かった~・・・・ 

でも、体が楽になっていくのが分かりました。





ところが、点滴が終わる頃、

3時になったので、薬を飲んだんだけど、

その30分後に酷い吐き気が襲ってきて、

吐いてしまいました。jumee☆faceA64




ヤバイ!!がーん

焦って、処置室へ行って看護婦さんに相談すると、

30分経ってるので、大丈夫との事でした。




終わった時は、pm4:00でした。

お会計は¥11727





次の診察は12月3日

この日も、無事に心拍数が伸びてくれてますように。
おねがい♪

花不育症の方達のブログです にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

13:40  |  夢クリ陽性反応後~稽留流産  |  TB(0)  |  CM(37)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。